2007年02月01日 00時00分 公開
info Center

システム運用管理・仮想化特集

仮想化にまつわる記事をピックアップ。VMware、Xenに関するトピックに始まり、「仮想化導入ガイド」連載、導入事例など、豊富な情報を取り揃えている。

[TechTarget]

IT製品/サービスの導入を支援する「TechTargetジャパン」

TechTargetジャパン会員登録ページ

 TechTargetジャパンは、アイティメディア株式会社と米国TechTarget社の提携により運営されている無料の会員制サイトです。登録メンバーになることで、さまざまなサービスや情報を無料で受けることができます。ぜひ、TechTargetジャパンをご活用ください。


Column

準仮想化製品のビジネスチャンス

ゼンソースの製品などで注目の「準仮想化」について、リセラー向けにその潜在顧客や提供手段について解説する。



Interview

ヴイエムウェアのダイアン・グリーン社長にインタビュー

仮想化ソフト企業、ヴイエムウェアのダイアン・グリーン社長に、急成長中の仮想化市場の現状、問題点とその対策、展望を聞いた。


Interview

仮想アプライアンスがLinuxの普及を後押しする――ヴイエムウェア幹部

構成済みのアプリケーションとOSを仮想マシン内にパッケージする「仮想アプライアンス」はLinuxをベースにしているものが多いが、それを意識せずに使うことができる。


Case Study

ヴイエムウェアの仮想化技術でデータセンターをオーバーホール

ケベコールは自社のデータセンターにヴイエムウェアの仮想化技術を採用した。今では仮想サーバで全社のデータを扱っているが、プロジェクト開始段階ではさまざまな障害があった。


Column

いまさら聞けない仮想化の基礎――ヴイエムウェア、マイクロソフト、Xen

2006年には「仮想化」は普及の段階に進むだろう。先駆的なITプロたちは、仮想化製品をどのように使っているのだろうか?


Column

ガートナーが伝授するサーバ仮想化の6カ条

企業のIT部門がサーバ仮想化を最大限に活用するための、ガートナーが推奨するベストプラクティスについて説明する。中でも大まかな指針として、6つのポイントを紹介する。


Interview

仮想化技術、デバイスポリシーと格闘するシマンテックのCIO

セキュリティは人々の邪魔をするのではなく、手助けするものでなければならない――シマンテックのCIOに仮想化やデバイスポリシーについて聞いた。


Column

仮想化技術ハイパーバイザーの実相に迫る

ハイパーバイザーは、ハードレベルでソフトレイヤーを使い、複数のOSを動作させる技術。ゼンソースやサン・マイクロシステムズが関連製品を発表し、注目を集めている。


Step by Step

仮想化導入ガイド Part1 適切な対象サーバの特定

エンタープライズ仮想化プロジェクトの進め方の連載を開始する。Part1では、どのサーバを仮想化すべきかを選択する上での注意点を見ていこう。


Step by Step

仮想化導入ガイドPart2 キャパシティプランニング

前回は、仮想化すべきサーバの選び方を紹介した。このPart2で見ていくのは、仮想化導入で要となるプロセス、キャパシティプランニングだ。


Step by Step

仮想化導入ガイドPart3 ROIの計算

Part1、Part2のフェーズを完了すると、ROI計算のベースとなる適切な情報が手に入る。今回は、仮想化投資とそれによる一連のコスト削減効果を比較する際のポイントを紹介しよう。


Step by Step

仮想化導入ガイドPart4 仮想化スタッフに必要なスキルとは

仮想化導入を担当する専門技術者に必要なスキルは、従来のエンジニアに求められるものとは異なる。企業の経営陣と人事部門は、募集する人材の要件を見直し、幅広い技術的熟練の真価を理解する必要がある。


Step by Step

仮想化導入ガイドPart5 物理環境から仮想環境への移行

物理マシンから仮想マシンへの移行は、ただのファイルのコピーとはわけが違う。たとえ価格が高くても、P2V移行ツールを使えばさまざまな問題を解決できる。


Case Study

巨大カジノの大量バックアップを救った仮想化技術

ホテル予約システムやスロットマシン監視システムがフル稼働する巨大娯楽施設フォックスウッズでは、毎晩2.5Tバイトものデータをバックアップしている。チーフエンジニアのグリロ氏は、バックアップ/リストア時間の短縮とメディアとドライブの障害回避に乗り出した。


Column

仮想化で再評価されるメインフレーム

x86ベースサーバファームのコストに悩む企業が増える中、仮想マシンによるメインフレームの仮想化は、これまで以上に魅力的な選択肢となっている。


Case Study

仮想化導入でSANや高性能サーバを購入するITマネジャーたち

仮想化のメリットを最大限に生かすためには、高性能なハードウェアを新たに購入する必要があるという認識を持つITマネジャーが増えている。


Column

仮想マシンのライセンス――難問に取り組むIT業界

仮想化によってハードウェアのコストを大幅に削減できても、ソフトウェアライセンスの課金システムによってはそれが帳消しになってしまうこともある。ライセンスのルールについて見ていこう。


Interview

サーバ仮想化の神話と現実

サーバの仮想化が流行中だが、実際に人員や経費が大幅に削減できたり、ダウンタイムがなくなるのだろうか。仮想化のプロに聞いた。


Column

アプリケーション仮想化の2つの方法――アプリケーションストリーミング vs. シンクライアント

マイクロソフトのSoftGridをはじめとする「アプリケーションストリーミング」と、同じくマイクロソフトのターミナル サービスなどの「シンクライアント」。2つのアプリケーション仮想化のメリット・デメリットを見ていく。


Column

フリーの仮想化製品に飛びつく前に知っておくべきこと

ヴイエムウェアとマイクロソフトが相次いで無償の仮想化ソフトの提供を始めた。だが、慌てて導入しようとすると、多くの問題を引き起こしかねない。ここでは、無償の仮想化技術の性急な導入に伴う危険性について論じたい。


Case Study

仮想テープライブラリ(VTL)の導入で時間の節約を

成長を続ける企業にとって、データのバックアップとリカバリは深刻な問題だ。特にバックアップウィンドウが長引くと、通常業務に支障を来すことになる。その解決に仮想テープライブラリを採用した3社の事例を紹介する。


システム統合運用管理

VMware Infrastractureのアーキテクチャ概要

仮想化をリードするVMware Infrastracture 3の基本的な技術解説となっている。基本的な仕組みから、ネットワークやストレージのアーキテクチャまで。


システム統合運用管理

Sun Virtualization Solution Day 仮想化セミナー プレゼンテーション資料

あなたのシステムはまだサーバ単位? CPUから、サーバ、OS、クライアント、サービス、さらにはデータセンター自体の仮想化まで、総合的なサンの最新仮想化ソリューションを解説。


システム性能/可用性/拡張性

デュアルコアサーバにおけるVMware ESX Server(VI3)の性能向上

仮想化ソフトウェアVMware ESX Server 3.0のプラットフォーム性能比較検証レポート−新旧デュアルコアサーバ(インテルWoodcrest vs Paxville DP)。


システム統合運用管理

VMware導入における、移行計画立案とシステム構成のポイント

ITインフラ最適化のソリューションとして多くのメリットをもたらす「仮想化」技術。業界標準の仮想化ソフトウェアVMware ESX Serverについて、事例と検証に基づいた導入方法を解説。


ストレージ/バックアップ

VMware ESX Server(VI3) バックアップ&リストアガイド

【VI3対応】 仮想マシンのバックアップ手法の解説とバックアップ時の推奨事項について紹介。