2006年04月11日 08時32分 UPDATE
特集/連載

Case Study仮想テープライブラリ(VTL)の導入で時間の節約を

成長を続ける企業にとって、データのバックアップとリカバリは深刻な問題だ。特にバックアップウィンドウが長引くと、通常業務に支障を来すことになる。その解決に仮想テープライブラリを採用した3社の事例を紹介する。

[TechTarget]

 増え続ける一方のデータ量のせいで、飲料水メーカーのルイビル・ウォーター・カンパニーにとって、バックアップウィンドウは深刻な問題となっていた。同社は仮想テープライブラリを実装することで、それまでは週末だけでは足りないケースもしばしばだったバックアップウィンドウを、数時間にまで短縮することができた。

 約1200人の企業ユーザー向けに30Tバイト以上のストレージを運営する小売企業リテールベンチャー(RVI)では、週末ごとのSANのフルバックアップに加え、毎晩2Tバイトのインクリメンタルバックアップを管理する必要に迫られていた。同社はファルコンストアのVTLを採用し、それまで7時間かけていたバックアップを、10件の仮想ジョブを実行することで1時間半程度で済ませられるようになった。

 ERPソフトベンダーのエピコ・ソフトウェアは約3年前、老朽化しつつあるバックアップシステム「DLT 7000」の代替を選ぶ必要に迫られていた。当初同社は従来からのテープシステムの採用を検討していたが問題の多さを認識し、クアンタムのディスクベースのバックアップアプライアンス「DX30」を採用することに決定した。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...