マイクロソフト、学生に開発用ソフトを無償提供する「Microsoft DreamSpark」を開始NEWS

将来のIT業界を担う学生に同社の有償プロ向け開発ツールを無償提供するプログラム「Microsoft DreamSpark」を日本でも開始した。

2008年05月13日 18時17分 公開
[TechTargetジャパン]

 マイクロソフトは5月13日、将来のソフトウェア開発者やWeb、インタフェースデザイナーを目指す学生を対象に、同社のソフトウェア開発製品やアプリケーションデザインツールを無償で提供するプログラム「Microsoft DreamSpark」を国内で開始した。

 また同時に、Microsoft DreamSparkでのソフトウェアダウンロードの入り口となる学生コミュニティーサイト「Channel 8(チャンネル エイト)」の日本語版サイトも同日より運用を開始。学生は対象製品をチャンネル 8から無償ダウンロードできる。なお、現状ダウンロードには学生として認証するために国際学生証が必要だ。

 Microsoft DreamSparkの提供対称者は、国際学生証のSTUDENTに該当する大学生と、専門学校の本科生および高等専門学生4・5年生。対象製品は以下の通り。

  • Visual Studio 2005 Professional Edition 日本語版
  • Visual Studio 2008 Professional Edition 日本語版
  • Expression Studio(Expression Web,Expression Blend,Expression Media,Expression Design)日本語版
  • Windows Server 2003 Standard Edition 日本語版
  • SQL Server 2005 Developer Edition 日本語版
  • XNA Game Studio 2.0 日本語版 英語版 
  • XNA クリエイターズ クラブ 12カ月間 メンバーシップ

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...