2008年05月23日 18時42分 UPDATE
ニュース

NEWSラリタン、8カ所の温湿度計測が可能なインテリジェントPDUの新ファームウェアをリリース

「Dominion PX」のファームウェアバージョン1.1をリリース。オプションのセンサーを取り付けることでDominion PX周囲の温度/湿度計測が可能になった。

[TechTargetジャパン]

 日本ラリタン・コンピュータは5月23日、PDU(Power Distribution Unit:ラック用電源タップ)「Dominion PX」のファームウェアバージョン1.1をリリースした。Dominion PXは、サーバやネットワーク機器が接続されたコンセント電源のON/OFFや、消費電力情報のモニタリングをネットワーク経由でリアルタイムに実行できる、電気用品安全法(PSE法)に適合した次世代インテリジェントPDU。ラックまたはコンセントごとの消費電力状況を詳細に把握できるため、電力のキャパシティープランニングを効率的に行うことができる。

画像 Dominion PX

 今回リリースしたファームウェアのバージョン1.1では、オプションの温度/湿度センサーを取り付けることでDominion PXの周囲の温度と湿度を計測できる(1台のDominion PXにつき、最大8カ所の温度と湿度を計測可能)ほか、Webブラウザベースの管理画面でコンセントレベルの詳細な計測値の確認や、すべてのコンセントの電源ON/OFFをリモートから実行できるなど、機能強化を行っている。

 価格はオープンだが、同社は市場想定価格を12万6000円からとしている。

画像 WebブラウザからDominion PXを管理できる《クリックで拡大》
画像 コンセントレベルの計測値を表示できる

関連ホワイトペーパー

運用管理 | サーバ | データセンター


ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...