2008年05月23日 18時42分 公開
ニュース

ラリタン、8カ所の温湿度計測が可能なインテリジェントPDUの新ファームウェアをリリースNEWS

「Dominion PX」のファームウェアバージョン1.1をリリース。オプションのセンサーを取り付けることでDominion PX周囲の温度/湿度計測が可能になった。

[TechTargetジャパン]

 日本ラリタン・コンピュータは5月23日、PDU(Power Distribution Unit:ラック用電源タップ)「Dominion PX」のファームウェアバージョン1.1をリリースした。Dominion PXは、サーバやネットワーク機器が接続されたコンセント電源のON/OFFや、消費電力情報のモニタリングをネットワーク経由でリアルタイムに実行できる、電気用品安全法(PSE法)に適合した次世代インテリジェントPDU。ラックまたはコンセントごとの消費電力状況を詳細に把握できるため、電力のキャパシティープランニングを効率的に行うことができる。

画像 Dominion PX

 今回リリースしたファームウェアのバージョン1.1では、オプションの温度/湿度センサーを取り付けることでDominion PXの周囲の温度と湿度を計測できる(1台のDominion PXにつき、最大8カ所の温度と湿度を計測可能)ほか、Webブラウザベースの管理画面でコンセントレベルの詳細な計測値の確認や、すべてのコンセントの電源ON/OFFをリモートから実行できるなど、機能強化を行っている。

 価格はオープンだが、同社は市場想定価格を12万6000円からとしている。

画像 WebブラウザからDominion PXを管理できる《クリックで拡大》
画像 コンセントレベルの計測値を表示できる

関連ホワイトペーパー

運用管理 | サーバ | データセンター


ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...