2008年03月11日 05時14分 公開
特集/連載

ストレージのグリーン化対策の進め方まずは現状把握から

ストレージの電力コストはデータセンター全体の26%を占めるため、コスト効果分析に基づくストレージのグリーン化対策は非常に重要だ。

[Rick Cook,TechTarget]

 ストレージの電力コストはデータセンター全体の26%を占める。ストレージ管理者が的確なコスト効果分析に基づいてグリーン化に取り組むことは重要だ。

 米国環境保護庁(EPA)によると、2006年にデータセンターで使用された電力量は米国の電力使用量全体の1.5%を占め、現在の省電力化の傾向が継続した場合、2011年のデータセンターの電力使用量は2006年の2倍近くに達する可能性があるという。しかし、既存の省電力技術やベストプラクティスの広範な活用が進めば、2007〜2011年のデータセンターの総電力使用量は、現在の省電力化傾向が継続した場合と比べて半分強にとどまり、この5年間の総電力コストを140億ドル削減できる可能性がある、とEPAは予測している。

関連ホワイトペーパー

データセンター | ストレージ | 仮想化


ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

ベクトル、広告業界のEコマースサイト「ヒロメル」 提供開始
ベクトルグループが持つ成功事例やノウハウを参考に、PR、マーケティング、ブランディン...

news057.jpg

東南アジアのソーシャルコマース最新事情
SNS時代に新しいカスタマージャーニー。アジアの消費者の心をつかむには?

news154.jpg

CEOの多くが「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測――Gartner調査
CEOの半数以上が「成長」に主眼を置き、危機を乗り越えた先には機会があると考えています。