2008年06月13日 19時10分 公開
ニュース

ネクスウェイ、Salesforce Customer Portalを活用したSEM向けポータルをオープンNEWS

「Salesforce Customer Portal」を活用して、顧客企業向けポータルサイト「販促Navigator Myマーケティング」をオープン。ユーザー企業はSEMにおける各種広告リポートの取得やキーワード変更・予算変更の依頼、各種問い合わせを行える。

[TechTargetジャパン]

 ネクスウェイは6月13日、セールスフォース・ドットコムの「Salesforce Customer Portal」を活用して自社Webサイト「販促Navigator Myマーケティング」(以下、Myマーケティング)を構築したことを発表した。

 ネクスウェイは2007年1月に「Salesforce」を導入、業務プロセスの一元管理や各キャンペーンのROI評価に活用している。今回、新たにSalesforce Customer Portalを活用し、SEM(Search Engine Marketing)サービスの顧客向けポータル、Myマーケティングを立ち上げた。

 Salesforce Customer Portalは、ユーザー企業が顧客向けのセルフサービスポータルを自社ブランドとしてカスタマイズして構築することができる。問い合わせやFAQのほか、注文/請求管理やトレーニング管理、プロジェクト管理などのアプリケーションを顧客と共有することが可能だ。

 ネクスウェイの顧客企業は、それぞれ専用のIDとパスワードでMyマーケティングにアクセスし、リスティング広告を始めする各種広告リポートのダウンロードや保存、キーワード変更や予算変更の依頼、各種問い合わせを行える。これまでは営業担当者を窓口としてメール中心のやりとりを行っていたため時間を要していたが、Myマーケティングにより各担当者との双方向コミュニケーションが実現するため、迅速かつ適切な顧客サポートが可能になるとしている。

 ネクスウェイでは6月より既存顧客向けにMyマーケティングの運用を順次開始、7月からは新規顧客を含めた全顧客に対し、Myマーケティングを無料で提供予定。また、今後はMyマーケティングを通じた顧客との双方向コミュニケーションを充実させ、有料コンテンツも含めたサービスメニューを強化していく予定だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...