2009年01月08日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS住商情報、日本HP、MSが出張・通信、紙コストを削減するIT基盤構築サービス

3社が共同で情報共有基盤の構築に関する要件定義の支援と各製品の導入、開発サービスを提供する。

[TechTargetジャパン]

 住商情報システム(以下、SCS)、日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)、マイクロソフトの3社は1月7日、企業のコスト削減と社員の生産性向上を支援する「ワークスタイル革新IT基盤構築サービス」を提供開始すると発表した。企業の情報共有基盤を見直し、出張・通信費用や紙の資料を削減することで、業務効率を向上すると同時に社内コミュニケーションを活性化できるという。

 今回発表されたサービスは、日本HPのブレードサーバ「HP BladeSystem」とストレージ「HP StorageWorks EVA」、マイクロソフトのグループウェアソフト「Microsoft Office SharePoint Server」「Microsoft Exchange Server」「Microsoft Office Communications Server」にSCSのSI(システムインテグレーション)導入ノウハウを組み合せたもの。3社は共同で、情報共有基盤の構築に関する要件定義の支援と各製品の導入、開発サービスを短期/中期/長期の3段階に分けて提供する。

  • 短期:既存システムのリプレースと各製品の基本機能活用による業務定着化
  • 中期:各製品の上位機能を活用した業務効率の改善
  • 長期:.NET開発環境によるシステム機能の強化

 サービスの提供価格は、システム規模によって異なる。3社は営業やマーケティング、技術サポートなどにおいて各種の施策を展開し、今後1年間で30社の受注を目指すとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...