2010年11月26日 08時00分 公開
特集/連載

新たなカテゴリーのベンダーが出現成熟化に向かうクラウドストレージのエコシステム

クラウドストレージサービスを補完するソリューションベンダーが提供するさまざまな機能を紹介する。

[Terri McClure,TechTarget]

 クラウドストレージサービスと連係する機能、そしてクラウドストレージサービスプロバイダーの製品のセキュリティや可用性、可搬性を強化するサービスを提供するベンダーが増えてきた。

 新しい技術はすべて、アイデア段階からβテストへ、そして期待が盛り上がる段階から製品登場へという段階を経る。ユーザーもこれらの段階に沿って必然的な道筋をたどることが多い。最初に興味をそそられ、次に不安を抱き、最後に批判的な見方をするというコースだ。

 その後で、新技術の不備を埋め、ユーザーの真の要求を満たすのに必要なエコシステムが出現する。ユーザーが現実に苦労している問題を解決する価値提案が現れ、それからゆっくりと普及が進むのだ。クラウドストレージが登場して約2年が経過した今がその時期に当たる。

 現在市場に出回っているクラウドストレージサービスソリューションの多くは、RAIDやリモート監視といった基本的なストレージ機能とデータ保護機能に加え、アプリケーション移行のためのREST(Representational State Transfer)形式のAPIを提供している。いずれも大切な機能だ。しかし厄介な問題も残されている。今日のIT部門で運用されているアプリケーションの多くがRESTを理解しないのだ。これらのアプリケーションは、ブロックインタフェース(iSCSI、SCSI、ファイバーチャネルなど)あるいはファイルインタフェース(NFSやCIFSなど)を必要とするからだ。すべてのクラウドストレージベンダーがREST型APIを提供しているが、これらは各ベンダー独自の仕様となっている。このため、あるサービスプロバイダーのストレージにデータを保存すると、ほかのプロバイダーにデータを移動するのは(不可能ではないにせよ)困難だ。加えて、ユーザーは自社のデータセンターの外に置かれるデータのセキュリティやアクセス性、可用性に対して不安を感じている。

 しかし今、こういった問題に対処しようという新たなカテゴリーのストレージエコシステムベンダーが登場しつつある。こういったクラウドストレージ支援ベンダーは、多くのクラウドストレージ製品の不備を補ってくれそうだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...