2010年12月22日 08時00分 公開
特集/連載

投資収益率に焦点を当てたセキュリティ製品の売り込みセキュリティプロバイダーに求められる心得

セキュリティ製品とサービスに対する顧客の抵抗は大きい。最も大切なのは、その抵抗を克服して顧客を守ることだ。

[Kevin McDonald,TechTarget]

 情報セキュリティ製品とサービスの販売に足を踏み入れたばかりの人は、幻滅しているかもしれない。セキュリティのベテランなら、自分の扱う製品に対する抵抗が多く、それが的を射ているのは結構なことだと言うだろう。潜在顧客がセキュリティ製品の購入に興味を示さない理由は幾つもあるが、最も一般的なのは、そのような製品は必要ないと顧客が単純に思い込むことだ。「自分は大丈夫」症候群にかかっている経営者やIT専門家は多い。「まだ発生していないから」「盗まれるような情報は持っていないから」「標的となるには小さ過ぎるから」と思い込んで、セキュリティが甘くなる。セキュリティプロバイダーにとって最も大切なのは、抵抗を克服して顧客を守ることだ。

セキュリティ投資の見返り

 わたしの情報セキュリティ製品販売の経験で最もよくある抵抗は、セキュリティ投資に対する有形の見返りがないように見えること、そしてセキュリティは高くつく上に業務に支障を来すと思われていることに起因する。新しいサーバや業務用ソフトのアップグレードなどと違って、セキュリティの投資収益率(ROSI)はあまり直感的ではない。セキュリティは障害になるものと見なされているからだ。しかし実際のところ、セキュリティ投資は生産性の向上にもつながり得る。もっとよくROIを研究すれば、契約を取るだけでなく、深く信頼されるビジネスコンサルタントになれるかもしれない。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。