2011年02月09日 18時00分 公開
ニュース

さくらインターネット、ホスティング専用サーバサービスにハイエンドモデルを追加NEWS

さくらインターネットがホスティング専用サーバサービスにハイエンドモデルを追加するなど、サービス体系を刷新。Citrix XenServerや拠点間VPNなども提供し、仮想プライベートクラウド環境の構築を支援する。

[TechTargetジャパン]

 さくらインターネットは2月8日、ホスティング専用サーバサービスの改定を発表した。同社は新たに、QuadCore Xeon 2CPUモデルを搭載したハイエンドモデルを追加し、一部サーバのリニューアルを実施する。

 今回の改定に伴い、「専用サーバ Platformサービス」の名称を変更する。専用サーバ Platformサービスは、最大20台のサーバとネットワーク機器を組み合わせて利用でき、これまで「専用サーバ Platform」「専用サーバ Platform St」などを提供してきた。同社は、専用サーバ Platformを「専用サーバ Platform Ad」に改称し、コストパフォーマンスと短期間の利用ニーズに対応する専用サーバ Platform Stと、カスタマイズがより柔軟に行える専用サーバ Platform Adとの違いをより明確にするとしている。新サービスは2月16日から提供する。

新サービスにおけるサーバモデルの仕様と利用価格
サービス名 モデル/仕様 初期費用 月額料金
専用サーバRAIDプラン QuadCore Xeon 2CPU 19万9800円 1万5800円
専用サーバアドバンスドプラン NEC E120b-1 QuadCore Xeon 2CPU 無償 3万5800円
専用サーバ Platform St QuadCore Xeon 2CPU 19万9800円 4200円
専用サーバ Platform Ad NEC E120b-1 QuadCore Xeon 2CPU 無償 2万6250円

 また、専用サーバ Platform Stと専用サーバ Platform Adでは、「Citrix XenServer」の提供を開始し、さらに専用サーバ Platform Adでは、VPN接続用アプライアンス「VarioSecure VSR700」(以下、VSR700)を提供する。

photo 仮想プライベートクラウド環境構築のイメージ

 同社によると、VSR700とファイアウォール「Juniper Networks SSG140」、サーバやOS、XenServer、共有ストレージ「NETGEAR ReadyNAS 2100」などを組み合わせることで、仮想プライベートクラウド環境の構築が可能になるという。

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...