2011年03月01日 11時00分 公開
特集/連載

Windows Azureサービスに関してIT管理者が知っておくべきことクラウド対応のための準備を整理する

本稿ではITの視点からWindows Azureのライフサイクルを捉え、クラウドコンピューティングの世界とIT部門がどのように結び付くのかについて解説する。

[Jonathan Hassell,TechTarget]

 Microsoftがクラウドコンピューティングへの「全力投球」を表明していることはよく知られており、開発者がチェックすべき情報、コード、機能はたくさんある。しかしIT管理者にとっては、クラウドというのは何か自分の守備範囲の外にあるもの、つまり自社が費用を負担するけれども、IT管理者が直接コントロールできない存在のように感じられるようだ。

 ITプロフェッショナルにとって、Windows Azureが何を意味するのかを明解に述べた説明はあまり多くないのが実情だ。本稿ではITの視点からAzureのライフサイクルを捉え、クラウドコンピューティングの世界とIT部門がどのように結び付くのかについて解説する。

まずAzureの基本を理解する

 Windows Azureを簡潔に説明すれば、それはMicrosoftが運営する環境であり、そして開発者はハードウェアの指定、需要増大への対応、各種機能を管理するスタッフの確保といった問題を心配せずに、どこでも動作するアプリケーションを作成できるというものだ。Azureは基本的に、サービスのプロビジョニングとコンピュータの管理というレイヤーを開発プロセスから抽象化するため、開発者はリソース、マシン、動作状態などを気にせずにAzureプラットフォーム向けのアプリケーションを構築できる。

 企業にとっては、このプラットフォームは使った分(すなわちMicrosoftのリソースを自社のために使用した時間)だけ料金を払えばよいのが魅力だ。インターネットに接続したアプリケーションを運用するための初期投資が最小限で済むからだ。

 Azureプラットフォームは3つの主要部分で構成されている。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...