2011年02月23日 11時00分 公開
特集/連載

Windows Azureへの移行を誘うMicrosoftの巧みな手段パブリッククラウドに消極的なユーザーは振り向くか?

MicrosoftはWindows AzureプラットフォームをWindows Serverの将来のバージョンと統合することで、Azureを使用するよう顧客を誘導することになるとアナリストはみている。

[Bridget Botelho,TechTarget]

 米Microsoftの精力的なクラウド事業展開は、いずれITベンダーからのWindows Serverへの多大な投資を誘引することになる。目下、同社のクラウドプラットフォームであるAzureとWindowsを統合するというもくろみは、Microsoft自体のリーダーシップをも揺るがしている。

 Microsoftは2011年1月、サーバ&ツール部門担当社長で古参のボブ・マグリア氏が、この夏に同社を退職することを明らかにした。同社CEOのスティーブ・バルマー氏は社員に宛てたメールの中で、「あらゆるビジネスはさまざまな時代を通過する。それらの時代を通じてかじ取りをするには、これまでとは違う新しい手腕が必要だ」と記している。また、後継者(※)はMicrosoftサーバ製品を「クラウドコンピューティングの時代に前進させる」と続けている。

ボブ・マグリア氏の後任は、Bingの立ち上げや米Yahoo!との検索エンジン統合を手掛けたサトヤ・ナデラ氏に決まった。

 Microsoftパートナーでもあるニューヨークのあるインテグレーターは、今回の動きは「保守派の下手な逃避か健全な離脱か、その両方だ」と話す。

 しかし、マグリア氏はMicrosoftのさまざまな変革に関わってきた。1988年の入社以来、Microsoft一筋に、Windows NTからモバイルデバイス、そして最近ではクラウドサービスへと続くMicrosoftテクノロジーの進化と共に歩んできた。

 マグリア氏の離脱についてもWindows Server戦略についてもMicrosoftから他にコメントは出されておらず、幹部の交代がWindows Serverの今後に影響を与えるとすればどのような影響になるかは皆目不明だ。Microsoftは引き続きクラウドコンピューティング事業を積極的に推し進めていくと思われる。しかし残念なことに、クラウドこそが人々の不安の種である。

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...