2013年02月22日 17時00分 公開
ニュース

モバイル端末でも院外からの電子カルテ閲覧が可能に、富士通NEWS

富士通のデータセンター経由で病院内の電子カルテシステムにアクセスし、診療記録や病名、検査結果、放射線画像などの情報をモバイル端末で閲覧できる。

[TechTargetジャパン]

 富士通は2月22日、電子カルテ向けモバイルソリューション「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE PocketChart」(以下、HOPE PocketChart)の販売開始を発表した。

 HOPE PocketChartは、同社の大規模病院向け電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-GX」のオプションとして開発された(関連記事:チーム医療の推進を支援する電子カルテ「HOPE/EGMAIN-GX」)。モバイル端末を用いて、電子カルテの情報を院外からでも閲覧できる。AndroidとiOS対応のモバイル端末に対応する。

システム概要図

 HOPE PocketChartでは、富士通のデータセンターが登録済のモバイル端末の端末認証を行い、病院内のサーバにアクセスさせて電子カルテ情報を閲覧できるようにする。電子カルテ内の診療記録や病名、検査結果、放射線画像、手術記録・病理リポート、バイタル情報などをHTML画面に表示可能。端末内部にデータを保存しない仕組みを採用している。また、医師による退院許可などの承認機能を備えている。

photo モバイル端末で閲覧可能な診療情報の例(診療記録、放射線画像、バイタル)

 富士通によると「HOPE PocketChart導入することで、夜間や休日、学会への参加などで病院を不在にしている医師に、多くの診療情報を正確に伝えることが可能になり、緊急時などにおける迅速な診療を支援する」という。また、院内においては、回診やカンファレンス、患者への説明などで近くにPCがない場合でもカルテ情報の参照が可能になるとしている。

 HOPE PocketChartの販売価格は、800万円から。別途、アプリケーション利用料として端末1台当たり月額980円がかかる。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...