2013年08月23日 08時00分 公開
特集/連載

関心はなぜ高い? 幼年期から脱するプライベートクラウド導入計画がある企業は2012年の2倍

ここ1年プライベートクラウドへの関心が高まりを見せている。また、プラットフォームが成熟し、IT担当者のスキルも向上するなど、市場が洗練されてきた。

[Beth Pariseau,TechTarget]

「1年以内にプライベートクラウドを導入する計画がある」企業が急増

 米TechTargetが実施した「Data Center and Readers' Choice Survey 2013」(2013年度データセンターおよびIT導入に関する読者調査)では、「1年以内にプライベートクラウドを導入する計画がある」との回答が急増した。全回答者627人のうち、「2013年にプライベートクラウドを導入する計画」と回答した割合は15.5%。これに対して2012年は8.2%だった。パブリッククラウドに対する関心は、4.1%から4.5%と微増にとどまった。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...