2013年08月23日 08時00分 公開
特集/連載

関心はなぜ高い? 幼年期から脱するプライベートクラウド導入計画がある企業は2012年の2倍

ここ1年プライベートクラウドへの関心が高まりを見せている。また、プラットフォームが成熟し、IT担当者のスキルも向上するなど、市場が洗練されてきた。

[Beth Pariseau,TechTarget]

「1年以内にプライベートクラウドを導入する計画がある」企業が急増

 米TechTargetが実施した「Data Center and Readers' Choice Survey 2013」(2013年度データセンターおよびIT導入に関する読者調査)では、「1年以内にプライベートクラウドを導入する計画がある」との回答が急増した。全回答者627人のうち、「2013年にプライベートクラウドを導入する計画」と回答した割合は15.5%。これに対して2012年は8.2%だった。パブリッククラウドに対する関心は、4.1%から4.5%と微増にとどまった。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...

news177.jpg

広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイル...