2014年01月22日 08時00分 公開
特集/連載

金融システムを揺るがすサイバー攻撃は発生するか 警戒強める銀行相次ぐ攻撃でリスク意識が上昇

英国では、サイバー攻撃を脅威と認識する銀行が急増している。その背景には、2013年に相次いだサイバー攻撃があるようだ。イングランド銀行の調査結果から明らかになった。

[Karl Flinders,Computer Weekly]

 英国の銀行のうち4分の1は、オペレーショナルリスク(業務遂行に伴って発生するリスク)を、英金融システムの安定性を揺るがす大きな脅威として認識している。また、その半分以上の銀行は、複数回の攻撃を受けた結果、サイバー攻撃は脅威であると認識するようになったと、イングランド銀行(英中央銀行)が先日明らかにした。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...

news177.jpg

広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイル...