2014年04月04日 08時00分 公開
特集/連載

意外に知られていないVPNアウトソーシング選びの基本リモートアクセス環境に最適なのはどっち?

さまざまな場所や端末から社内リソースにリモートアクセスするケースが増えている。その際に欠かせないのがVPNであるが、導入や運用には難しさがある。その問題を解決するのが、VPNのアウトソーシングである。

[John Burke,TechTarget]

 顧客企業のオフィスでプロジェクトファイルをダウンロードしたり、空港で足止めを食らっている間にビジネスアプリケーションにアクセスしたりなど、近年、「どこからでも、どんな端末(ノートPC、タブレット、スマートフォンなど)からでも、社内リソースを利用できること」を期待する従業員が増えつつある。外出先からWebメールを使えるだけで満足していた時代は、とうの昔に終わったのだ。

 モバイルOSは着実な進化を遂げている。今では高度な機能と高い柔軟性を備え、さまざまな端末で業務をこなせるようになってきた。企業においても、モバイルアプリの開発やライセンス取得を進め、こうした新たな力を活用しようとの意識が高まっている。その結果、公衆無線LANなど必ずしも信頼性が高いとはいえないネットワーク経由で社内リソースにアクセスしようとする従業員が増えてきている。

 こうして進化する分散仮想型の労働力にとって、仮想プライベートネットワーク(VPN)技術は企業セキュリティの観点から今後も重要な存在である。ビジネス革新を強力に推進する一方で、セキュアな通信環境を常に確保するには、運用性が高く安定したVPNが極めて重要なツールとなる。例えば、非武装地帯(DMZ)上に配置されていない社内ネットワークのシステムやアプリケーションには通常、社外ネットワークからアクセスできないが、VPN経由であればセキュアなアクセスが可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。