2014年04月14日 12時00分 公開
特集/連載

仮想サーバのキャパシティープランニング、よくある失敗例主要なキャパシティープランニングツールも紹介

サーバ1台に1つのアプリケーションしか稼働していない物理環境と違い、複数のワークロードを実行する仮想環境ではリソースの使用量や性能が安定しにくい。キャパシティープランニングのよくある失敗例をまとめた。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

 サーバのアプリケーション負荷は常に変動しているため、サーバのキャパシティープランニングには経験と知識の両方が求められる。コンピューティングリソースとパフォーマンスを時間をかけて追跡し、リソースが不足する可能性を予測して対処する能力が必要となる。キャパシティープランニングの目標は、「各サーバが、必要なときに必要なリソースを確保できるようにすること」だ。ただし、キャパシティープランニングは非常に難しい取り組みであり、仮想サーバとなればなおさらだ。仮想サーバで発生し得る突発的な容量需要に対応するためには、仮想化対応ツールを使用すると同時に、適切な管理慣行を実践することが求められる。

仮想化がキャパシティープランニングを複雑に

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

HubSpotに聞く 顧客と自社の成長になぜ「文化」が重要か
企業文化は「第2の製品」。自らが求める価値と行動指針を「カルチャーコード」として定義...

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。