2010年11月19日 08時00分 公開
特集/連載

仮想環境の導入と管理はキャパシティープランニングが肝心ITサービスプロバイダーからのアドバイス

仮想化環境の導入に当たっては、突貫工事で構築したテスト環境をそのまま本番で使ったりせずに、きちんとキャパシティープランニングを実施する必要がある。

[Will Rodbard,TechTarget]

 仮想化は、あらゆる規模の企業にとって2010年のホットなITキーワードのようだ。VMwareの方がマイクロソフトHyper-Vよりも優れているのかどうかを見極めようと誰もが躍起になっている。だがそうした中で、彼らは仮想化の大きな落とし穴の1つに陥ってしまうかもしれない。それは、無計画に導入を進めることだ。

 多くの企業では、ソリューションの調査にわずかな費用と時間しかかけない。しかし、市場で最も高機能な製品や、最新の製品、最も安価な製品に投資するのではなく、自社のビジネスに適した製品を選択すれば、コスト効果が期待外れに終わることはない。

 企業が犯しがちなもう1つの誤りは、IT部門が仮想環境を「テストのために」突貫工事で構築し、ほとんどの人がその環境をよく理解しないうちに、ビジネスに即応するシステムを求めるユーザーの声に応えて、そのまま本番環境として運用してしまうことだ。この誤りの原因は、IT部門がビジネス部門からの支持を手っ取り早く獲得しようとして、部分的にしかテストされていない新しい仮想環境を、(サービスを)迅速にプロビジョニングする手段として使ってしまうことにある。だが、適切にテストされていない無計画なシステムでは、成功はまず望めない。

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...