「Xbox」「Skype」を支える仮想SDNとは?「Microsoft Azure」を構成するネットワーク

米Microsoftが運用する「Microsoft Azure」。このネットワークを支える仮想SDNアーキテクチャの仕組みを紹介する。

2014年04月22日 12時00分 公開
[Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 米Microsoftは2014年3月に開催された「Open Networking Summit」で、複数のデータセンターで運用する同社のクラウドサービス「Microsoft Azure」を支える仮想SDN(Software-Defined Network)を紹介した。

 Microsoft Azureネットワークの仮想SDNアーキテクチャは、同ネットワークのコントロールプレーンとデータプレーンを大規模に分散することでスケーラビリティを実現している。このアーキテクチャでは、それぞれ特定のアプリケーション、ネットワークサービス、機能専用の多数のコントローラーが連携して機能している。データプレーンと全てのレイヤー4〜7サービスおよびポリシーは、Microsoft Azureデータセンター内の全ハイパーバイザーホストにわたって実装されている。

コントローラーは1つだけではない

ITmedia マーケティング新着記事

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...

news098.jpg

米炭酸飲料市場2位に躍進――ドクターペッパーがペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【前編】
140年の歴史を持つ炭酸飲料ブランドのDr Pepperは、いかにして米国でナンバー2のソフトド...