2013年07月04日 08時00分 公開
特集/連載

SDN版iTunesは生まれるのか? Internet2が新アイデアに賞金求む、革新的なSDNアプリケーション

OpenFlowを活用したSDNアプリケーションの募集をInternet2が開始。担当者は「ネットワークの混雑など、SDNアプリケーションで解決できるハイパフォーマンスWANの課題はまだ多い」と話している。

[Rivka Gewirtz Little,TechTarget]

 SDN(Software Defined Networking)コミュニティーでは、最近こんなジョークがささやかれている。「幅広いネットワーキングアプリケーションが実現するとなれば、いずれSDNアプリケーション専門のiTunesが間違いなくオープンするだろう。ネットワーク仮想化を99セントでダウンロードしよう!」

 まだわれわれは、そこまでに至ってはいない。だが、SDNアプリケーションは、いま急速に浮上しつつあるのは事実だ。このマーケットの発展に向けて、Internet2は、Juniper Networks、Brocade、Cienaなどの米企業とともに、「2013 Internet2 Innovative Application Awards」と銘打って、OpenFlowを採用した革新的なオープンソースSDNアプリケーションに最高1万ドル(約95万円)の賞金を授与すると発表。5月から正式にエントリーの受付が始まり、応募申込書は7月7日(米国東部標準時)までに電子送信しなければならない。

 Internet2は、研究・教育機関、政府組織の国際コンソーシアムで、OpenFlow SDNを用いて100ギガビットイーサネット(GbE) WANを構築し、Tバイト単位のゲノム解析データの転送など膨大なデータ転送を必要とする研究所と大学を相互接続している。

 今回のInternet2によるこのコンテストは、ハイパフォーマンスネットワーク上のデータ転送を改善する、すぐにも幅広い分野で実用化できそうなアプリケーションを見いだすことが目的だ。Internet2のSDNはWANにフォーカスしているが、この賞はLAN向けに書かれたアプリケーションも排除しない。

 「われわれは(応募されるアプリケーションが)WANベースでエンドツーエンドの視点を持つものになるだろうと予測している」と、Internet2のリサーチおよびサイエンスエンゲージメント担当シニアディレクター、ウェンディ・ハントーン氏は語る。「しかし、もし本当に優れたデータセンターアプリがあるのなら、それを除外するようなことはしない」

 また、ネットワークの混雑など、SDNアプリケーションで解決できるハイパフォーマンスWANの課題は多い、と同氏はいう。

 「われわれのWANは十分大きな帯域幅を持っており、混雑は主に地域ネットワークやキャンパスネットワークで発生する」とハントーン氏。「SDNが約束するものの1つは、(例えば)特定のファイル転送のために帯域幅をスケジュール化して、混雑回避を可能とすることだ。そうなれば、エンドユーザーはネットワーク利用に優先順位を付けることができるようになる。現時点では、そうしたことはできない。あくまでベストエフォートだ」

 Internet2は、BrocadeやJuniper Networks、Ciena(各社とも同コンソーシアムのネットワークに機器を提供している)などのベンダーとも提携しているため、リサーチエンジニアだけでなく、民間企業の開発者たちからのエントリーも期待しているという。

 Juniperの場合、今回のプログラムに参加するのは、幅広く網を投げかけ、自社技術の壁を打ち破るSDNイノベーションを発掘することが狙い。そう語るのは、同社のマーケティングおよびストラテジー担当上級副社長、マイク・マーセリン氏である。

 SDNの究極の目的は、管理の一元化だが、マーセリン氏によると、そこに至る多様な問題を解決するためのアプリケーションが求められているという。同氏は、レイヤー4〜7(L4〜L7)のサービスがたくさん出てくることを期待している。

 「SDNを促進するものとして求められるのは、収益を生む、あるいは収益を加速する機能を持つアプリケーションだ」と同氏。

 Internet2では、応募者に「従来の枠にとらわれずに考える」ことを奨励するとともに、「とんでもないアイデアをためらわずに売り込んでほしい」としている。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...