2015年03月03日 12時00分 公開
特集/連載

「企業向けファイル同期/共有」でIT担当者は悪夢から覚めるか「EFSS」でさらば勝手クラウド

理想的な企業向けファイル同期/共有(EFSS)製品の提供に向けて、ベンダーが歩みを進めている。大半の企業は、従業員の生産性向上によってEFSSへの投資を回収できるだろう。

[Matt Schulz,TechTarget]

 企業向けファイル同期/共有(EFSS)製品を使えば、企業と従業員は、ほぼ例外なく恩恵を受けることができる。

 多くの従業員が使用している消費者向けクラウドサービスの代替としてEFSSシステムを導入するかどうか。この判断を下す際、IT担当者は多くの要因を考慮しなければならない。EFSSを導入するメリットが、新システムの導入と管理に掛かるコストを上回るのかを判断する必要がある。その他にも、セキュリティやEFSSシステムにアクセスするエンドポイントの管理方法という課題もある。

EFSSのメリットとデメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...

news144.jpg

正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年...

news066.jpg

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間で...