2015年03月24日 08時00分 公開
特集/連載

「Apple Watch」を使いこなす企業と、飾り物にする企業の違いポイントはサードパーティーアプリ

Apple Watchのサードパーティーアプリは企業に次のブームを巻き起こすか。飾り物にせずに、企業がApple Watchを使いこなすための条件を考えてみよう。

[Francesca Sales,TechTarget]

 米Appleがついに待望の「Apple Watch」を発表した。発売は2015年4月24日。発表会でAppleは、同スマートウオッチのネイティブ機能を詳しく紹介した。その一部を挙げると、電話をかけたりメールを送信したりできる機能、地図を使って目的地までの道順を案内してくれる機能、カレンダーアプリで次の会議や約束の予定を確認できる機能、運動量と心拍数を記録できる機能など、まだまだ多数ある。

 こうした便利な機能や、「Digital Crown」「Taptic Engine」と呼ばれる新しいテクノロジーに、観客席の一般ユーザーからはもちろん歓声が上がった。だが企業関係者が特に注目したことが1つある。サードパーティーアプリがApple Watchでどう機能するかという点だ。

「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」、読者プレゼント実施中!

iPad Air 2

TechTargetジャパンは、代表的なオフィススイートであるMicrosoftの「Microsoft Office」関連の記事を集約したテーマサイト「iPhone、iPad、Android版登場で何が変わる? あなたがきっと知らない『Microsoft Office』の世界」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、米Appleのタブレット「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」(色はゴールド)を抽選でプレゼントします。


Apple Watch注目のデモンストレーションは

ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...

news144.jpg

正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年...

news066.jpg

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間で...