2014年12月11日 15時00分 公開
特集/連載

やはり「Apple Watch」が大本命? スマートウオッチの買い時を探るいよいよホリデーシーズンが到来

2014年に話題を集めたスマートウオッチ。既に多くのベンダーが製品を発売、あるいは発表している。消費者の最大の関心は「スマートウオッチは今、買い時なのかどうか」である。その動向を探る。

[Diana Hwang,TechTarget]
Apple Watch Apple Watch

 2014年はウェアラブル技術が一大ブームを巻き起こし、大きな話題をさらった。多くのベンダーがスマートウオッチを発売するか、少なくとも発表した。それに対する消費者の関心は、ホリデーシーズンのプレゼントとしてウェアラブル端末を買ったり、自分の欲しいものリストに加えたりしておくべきかにある。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...