2015年04月17日 20時05分 UPDATE
ニュース

NEWSプライバシーマークのための社員教育を全てオンラインで、シアトルコンサルティング

プライバシーマークの取得/更新のために、従業員に対してセキュリティに関する教育を行ったり、試験を行うのは意外にコストと時間がかかる。教育と試験をオンラインで全て行うサービスをシアトルコンサルティングが発表した。

[中尾太貴,TechTargetジャパン]

関連キーワード

教育 | セキュリティ | Webサービス


 シアトルコンサルティングは、オンラインを活用して企業のセキュリティ教育を支援するWebサービス「Secuo NEO」を2015年4月1日に提供開始した。同サービスは、企業がプライバシーマーク(Pマーク)の取得/更新のために従業員に対して行うセキュリティ教育と試験をオンラインで提供する。

 Secuo NEOの教材は、テキストベースのコンテンツを使っている。教材画面をクリックすることでページがめくれるので、従業員は本を読む感覚で勉強が可能だ。試験もオンラインで受験可能。システムが自動採点するので、従業員は試験結果や各問題の解答、解説を確認できる。

 セキュリティ担当者は、管理画面を使うことで、試験の未合格者および未受験者の管理や受験者数、従業員の平均点といった、従業員の教育状況を確認できる。加えて、Secuo NEO は、Pマーク取得やセキュリティ規格更新などの資料作成時用に、試験結果をCSV形式で出力する機能も備える。

 Secuo NEOの教材と試験は、エイム・ソフトのセキュリティコンサルタント監修の下でシアトルコンサルティングが制作している。希望に応じて、企業ごとに教材と試験を制作することも可能だ。

 同サービスは、「Google Chrome」「Internet Explorer 10」以降のWebブラウザ、「iOS 7.1」以降の「iPhone」「iPad」「Android 4.1」以降のデバイスに対応している。

 料金(税別)は、初期費用3万円。基本料金は、ユーザー上限により下記のように変動する。

  • 50人以下(ブロンズプラン):月額5000円(単月契約の場合。年間契約の場合、月額4000円)
  • 100人以下(シルバープラン):月額1万円(単月契約の場合。年間契約の場合、月額8000円)
  • 200人以下(ゴールドプラン):月額1万8000円(単月契約の場合。年間契約の場合、月額1万4400円)
  • 500人以下(プラチナプラン):月額4万円(単月契約の場合。年間契約の場合、月額3万2000円)

※500人以上の場合は個別見積もり。



ITmedia マーケティング新着記事

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

news118.jpg

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。