2010年05月18日 08時00分 公開
ニュース

メール誤送信対策で情報漏えいを防止! クラウド型の製品も登場「第7回 情報セキュリティEXPO(IST)」リポート

5月12日〜14日に東京ビッグサイトで開催された「第7回 情報セキュリティEXPO」。本稿では、メール誤送信対策に有効な製品を中心に紹介する。

[上口翔子,TechTargetジャパン]

 5月12日〜14日の3日間、東京ビッグサイトで「第7回 情報セキュリティEXPO」が開催された。本稿では、「メールセキュリティ ゾーン」に出展していた企業の展示を中心に、メール誤送信対策に有効な製品を紹介する。

 一般的に、電子メールの誤送信対策は、以前「送信後の『しまった!』をなくすメール誤送信対策」で紹介したように、送信先アドレス、メール本文、添付データの内容チェック、送信サーバ側でのメールの一時保留やメール本体/添付データの暗号化、メールソフトによる送信時の注意喚起といった方法が挙げられる。

 今回紹介する製品はいずれも上記の機能もしくは類似機能が搭載されており、中にはメールの送信者と管理者(ないし上長)による二重チェックが義務付けられているものもある。企業側で設定できるセキュリティポリシーの数や柔軟性(設定の自由度)は製品ごとに異なり、各社の特性が表れていた。

 以下、各社が特徴としている機能にフォーカスして紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

「Spotify」がさらに市場拡大 まさに音速の勢いでアフリカ大陸まで届く
「Spotify」の10億人ユーザー獲得への成長ロードと、パンデミック後へのしたたかな戦略

news125.jpg

電通「LGBTQ+調査2020」 性的少数者が企業に「望むことがある」業種 最多はメディア
LGBTQ+に対する意識と知識、当事者と企業などの関係についての調査です。

news112.jpg

集英社が主要Web媒体の広告枠をアドベリフィケーション対応に
主要媒体の基本的な純広メニューおよびPMPでのディスプレイ広告につき、あらかじめ広告主...