社会常識として知っておきたい無線LANセキュリティ技術ポリシーベースの制御は不可欠

ほとんどの企業ではネットワークへのアクセスにWi-Fiを使用することが好まれる。このWi-Fiを保護するのが情報セキュリティの役目だ。

2015年04月22日 15時00分 公開
[Lisa PhiferTechTarget]
画像 オフィスのネットワークは無線LANが標準に(写真はシスコシステムズのアクセスポイント「Cisco Aironet 3700」)《クリックで拡大》

 Wi-Fiは15年という長い年月を掛けて着実に進化している。当初は家庭だけで使用されていたが、オフィスでも使用されるようになり、多くの企業でこれまでネットワークアクセス方法として主流だったイーサネットに取って代わることとなった。

 企業のWi-Fi導入は、2014年に販売された1億7600万個のアクセスポイント(AP)のうち18%を占める「IEEE 802.11ac」によってさらに加速している。Wi-Fiは従業員のネットワークへの接続方法だけでなく、通信を保護する方法にも変化をもたらしている。Wi-Fiのセキュリティはもはや拡張機能ではなく、セキュリティポリシーを施行する上で不可欠なものとなっている。本稿では、企業がこのネットワークセキュリティの変化に対応する方法を紹介する。

「デバイス」から「人」「目的」「場所」へ

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...