2015年04月22日 15時00分 公開
特集/連載

ポリシーベースの制御は不可欠社会常識として知っておきたい無線LANセキュリティ技術

ほとんどの企業ではネットワークへのアクセスにWi-Fiを使用することが好まれる。このWi-Fiを保護するのが情報セキュリティの役目だ。

[Lisa Phifer,TechTarget]
画像 オフィスのネットワークは無線LANが標準に(写真はシスコシステムズのアクセスポイント「Cisco Aironet 3700」)《クリックで拡大》

 Wi-Fiは15年という長い年月を掛けて着実に進化している。当初は家庭だけで使用されていたが、オフィスでも使用されるようになり、多くの企業でこれまでネットワークアクセス方法として主流だったイーサネットに取って代わることとなった。

 企業のWi-Fi導入は、2014年に販売された1億7600万個のアクセスポイント(AP)のうち18%を占める「IEEE 802.11ac」によってさらに加速している。Wi-Fiは従業員のネットワークへの接続方法だけでなく、通信を保護する方法にも変化をもたらしている。Wi-Fiのセキュリティはもはや拡張機能ではなく、セキュリティポリシーを施行する上で不可欠なものとなっている。本稿では、企業がこのネットワークセキュリティの変化に対応する方法を紹介する。

「デバイス」から「人」「目的」「場所」へ

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...