2015年04月28日 12時00分 公開
特集/連載

医療・介護に役立つウェアラブル端末とは? 開発のヒントを医療ハッカソンに見た「Medical×Security Hackathon 2015」リポート(後編)

「医療に革命を起こそう」をテーマにした医療ハッカソン。医療現場が抱える課題解決に取り組んだ参加者たち。4回目となる今回は、話題のウェアラブル端末を活用するユニークなプロダクトが生まれた。

[Eyes, JAPAN]
photo 参加者による記念写真《クリックで拡大》

 「医療に革命を起こそう」をテーマにしたイベント「Medical × Security Hackathon 2015」が2015年3月7、8日に福島県の星野リゾートアルツ磐梯スキー場で開催された。このイベントは、有識者による「講演」とハッカソン競技「Medical × Security Hackathon」の2つで構成される。前編「日本の医療IT成功に欠かせない3つの注目キーワード――『データ主導型社会』『シビックテクノロジー』『医療ロボット』」に続き、本稿ではハッカソン競技の模様をお届けする。

医療に革命を起こすハッカソン

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

クラウドサーカスがNFTの企画支援サービスを提供開始
キャラクター系、アパレル、化粧品メーカー、飲食・外食など自社ブランドやIPを有する企...

news151.jpg

Twitterが「ブランドいいね」を正式提供
日本、米国、英国、サウジアラビアで「いいね」ボタンのアニメーションカスタマイズ機能 ...

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。