「Surface 3」、使って分かった抜群の高性能と“やっぱりな限界”「ネットブックとは違うんだよ」

Microsoftの新型タブレット「Surface 3」は、同シリーズの中でも最高の柔軟性と携帯性を誇っている。Atom x7を搭載する新端末は、果たしてどれほどの実力を備えているのだろうか。

2015年06月17日 08時00分 公開
[Jamison CushTechTarget]
米Microsoftの「Surface 3」《クリックで拡大》

 「MicrosoftはWindowsとクラウドに力を注いでいる」――、同社CEOのサトヤ・ナデラ氏はそう述べている。だが一方で、新型タブレット「Surface 3」を提供しているように、ハードウェアの開発をやめていない。

 Surface 3は、旧モデルの「Surface RT」「Surface 2」よりも、「Surface Pro 3」との共有点が多い。米Microsoftは不発だった「Windows RT」に見切りを付け、Surface 3では64ビット版の「Windows 8.1」を採用した。つまり、Surface 3は、Surface Pro 3と同じく、x86/x64用のWindowsデスクトップアプリケーションに対応する。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...