2015年06月22日 12時00分 公開
特集/連載

AWS移行で注意したい「レガシーアプリの存在を忘れるべからず」6つの移行プロセス(2/2 ページ)

[Alan R. Earls,TechTarget]
前のページへ 1|2       

AWSへの移行プロセスにおける6つの手順

 移行が必要なコンポーネントを把握したら、移行プロセスには論理シーケンスがある。そう語るのは、米ボストンを拠点とするネットワークセキュリティポリシー管理プロバイダーのAlgoSecでCTOを務めるアビシャイ・ウール氏だ。

  1. アプリケーションが利用している全サーバとコードの接続先サーバを全て特定する。対象となるのは、コードを実行するサーバだけではない
  2. アプリケーションを使用する全てのクライアントとアプリケーションが配置されているネットワークセグメントを特定する
  3. AWSに移行するサーバを選ぶ。一部のサーバはデータセンターに残しておく必要がある
  4. 移行したサーバを複製してAWSインスタンスにコピーを配置したら、IPアドレスを複製に割り当てる
  5. サーバを再構成して、サーバピアが新しく選択したアドレスを参照する
  6. AWSのファイアウォールとデータセンターを取り囲む従来のファイアウォールを構成して、新しいIPアドレスを使用し、新しいネットワークパスを使用する全てのアプリケーションのフローを許可する

重大な結果を招く恐れのあるミスと落とし穴

 AWSについて知識がない多くの企業は、インスタンスを選択して準備するときや必要なストレージの種類を選択するときにミスを犯す。あまり一般的ではないが、ネットワークについて考慮しないというミスは重大な結果を招く恐れがある。

 「従量課金制モデルなら、プロビジョニングでミスを犯してもAWSの機能とツール群によって、かなり迅速に修正がなされる。だが、ネットワークに関するミスは移行とユーザーアクセスのプロセスを停止させる恐れがある」とウール氏は話す。

 もう1つの重大な結果を招く恐れのあるミスは、オンデマンドインスタンスとリザーブドインスタンスのどちらを選択するかだ。「この種類のミスでコンピュータやパフォーマンスに問題が発生することはない。だが、多大なる経済的な影響を及ぼす可能性がある」と同氏はいう。

 移行はオールオアナッシングのプロセスである必要はない。米Orchestratusで最高経営責任者(CEO)を務めるシュロモ・スウィドラー氏は次のように推奨する。「とにかく作業を開始して、ロードマップを用意し、ポートフォリオ評価を実施して最初に移行すべきアプリケーションを決定することだ。それから、各ステージ用に測定可能な基準を設けて移行の有無を判断されたい」

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...