成功するセキュリティ担当者だけが持つ「4つのソフトスキル」とは「ダメ出し屋」になってはいけない(1/2 ページ)

情報セキュリティ担当者にとって技術スキルが重要であることは言うまでもないが、ソフトスキルの重要性も見過ごしてはならない。彼らが習得すべき4つの重要なソフトスキルを紹介する。

2015年07月07日 15時00分 公開
[Steven WeilTechTarget]
「情報管理担当者の情報セキュリティ対策」(出典:総務省)《クリックで拡大》

 情報セキュリティ担当者の多くは、情報セキュリティの技術や概念については深い知識を持っているにもかかわらず、効果的な情報セキュリティプロジェクトの実現に苦労しているのが実情だ。情報セキュリティ担当者が仕事で成功するためには、高度な技術スキルだけでなく、優れたソフトスキル(訳注:問題解決や交渉などの非定型スキル)が不可欠だ。

 本稿ではソフトスキルの重要性について述べるとともに、情報セキュリティ担当者の仕事の成功につながる4つの重要なスキルを紹介する。

情報セキュリティ担当者に必要な4つの重要なスキル

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...