2015年07月09日 15時00分 公開
特集/連載

機密情報“ダダ漏れ”データベース設計の共通点データベースセキュリティツールは必須なのか(後編)(1/2 ページ)

企業のデータセンターに保存されているデータの保護において、データベースセキュリティツールが非常に重要な役割を果たす。企業のデータベースに不足しているデータセキュリティ機能を詳しく見てみよう。

[Adrian Lane,TechTarget]
photo 外部公開サーバとデータベースのセキュリティ対策の違い(TechTargetジャパン「ベネッセ事件でも標的に 『データベース』からの情報漏えい対策3カ条」より)《クリックで拡大》

 企業では、複数の種類のデータベースを保護しなければならないのが一般的だ。そのようなRDBMSユーザーの要件を考慮すると、データベースセキュリティの死角は拡大する。そのため、企業のデータセンターの情報保護において、データベースセキュリティツールが重要な役割を果たす。前編「意外にセキュリティは甘い? データベースのデータ保護に不安を感じる理由」に続き、ツールを使用して、企業のデータベースに不足しているデータセキュリティ機能をどのように補完できるのか詳しく見てみよう。

データベースアセスメント

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?(無料eBook)
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...