2015年07月29日 08時00分 公開
特集/連載

「標的型攻撃」がセキュリティの常識を変えた――“アンチウイルス死亡論”の真実「サンドボックス」にまつわる疑問を解く【第1回】(2/2 ページ)

[太田浩二,トレンドマイクロ]
前のページへ 1|2       

特徴2:内部活動における正規ツール

 一方、攻撃者がセキュリティ対策をすり抜ける方法に関しても、より巧妙化しています。リモートアクセス型トロイの木馬(RAT)など、攻撃者が初期侵入で利用する遠隔操作ツールは、自動作成ツールを用いてカスタマイズされた形で生成されます。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...