2015年08月05日 15時00分 公開
特集/連載

AWSやMicrosoftに転職できる技術者の特徴 「クラウドで手に職を」給料が高い上位5つのうち2つがクラウド関連職

クラウドコンピューティング市場は、ITプロフェッショナル、特にオープンソースやPaaSの専門家にとって、チャンスに満ちあふれている。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]
photo 年収別IT幹部の優先課題。TechTargetジャパン「年収が高いIT幹部の特徴、年収が低いIT幹部の働き方」より《クリックで拡大》

 変化はIT産業の常だが、今その変化の大きな部分を占めているのが、クラウドコンピューティングだ。クラウドが企業において確実に地歩を固めるとともに、ITプロフェッショナルには新しいチャンスがもたらされつつある。

 「企業は、技術に投資することで新規ビジネスのチャンスをつかんだり、生産性向上が可能になったりすることを理解している」と語るのは、人事・人材コンサルティング会社、米Robert Half Technologyの上級エグゼクティブディレクター、ジョン・リード氏である。

 今日、クラウドにはさまざまなキャリアパスがあるが、今最もホットで、かつ大きな可能性を秘めているものは「Platform as a Service(PaaS)」「OpenStack」、そしてベンダー固有のサービス群だ。主なものとして、米Clouderaや米Amazon Web Services(AWS)のサービス、米Microsoftの「Microsoft Azure」などがある。

平均年収ランキング第1位はPaaS専門職

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...