早くも登場の次世代サンドボックス、「スマートサンドボックス」って何だ?普通のサンドボックスと何が違う?

ゼロデイ攻撃の対策として有望視されていたサンドボックスだが、攻撃の進化に伴い早くも限界が露呈しつつある。そこで登場したのが「スマートサンドボックス」だ。従来のサンドボックスと何が違うのか。

2015年09月07日 08時00分 公開
[Michael CobbTechTarget]
画像 サンドボックス市場に新たな動きが(画面は同市場の中心的ベンダーであるファイア・アイの製品紹介ページ)

 未知のセキュリティ脅威への対策という観点で、一般的な「サンドボックス」と、「スマートサンドボックス」ははどう違うのだろうか。企業環境でスマートサンドボックスの導入事例はあるのだろうか。

まず「サンドボックス」からおさらい

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...