2015年08月26日 15時00分 公開
特集/連載

また出た新種のファイアウォール、「社内ファイアウォール」って何だ?普通のファイアウォールとどこが違う?

内部脅威の手段としてベンダーが訴求し始めた「社内ファイアウォール」。従来のファイアウォールと何が違うのか。その利点と課題を解説する。

[Kevin Beaver,TechTarget]
画像 ベンダー各社が社内ファイアウォールを訴求し始めた(画面は米Fortinetの製品紹介ページ)

 企業規模の大小を問わず、何の変哲もない脆弱性を突いた社内からの攻撃が、企業に甚大なリスクをもたらすことは珍しくない。こうした内部脅威に対抗する手段としてベンダーが訴求しはじめたのが「社内ファイアウォール」(INFW: Internal Network Firewall)である。

 社内ファイアウォールの概念は、クラウドやサイバーセキュリティと同様、ベンダーが新しく繰り出してきた宣伝戦略のように見える。これはクレジットカード業界のデータセキュリティ標準「PCI DSS」(ペイメントカード業界データセキュリティ基準)にまつわる誇大な騒ぎに端を発しているようだ。

 社内ファイアウォールとはどんなもので、他の種類のファイアウォールとどう違うのか。従来型のファイアウォールにはなく、社内ファイアウォールにはあるメリットとデメリットとは何なのだろうか。

社内ファイアウォールの正体

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...