2016年02月24日 08時00分 公開
特集/連載

「サンドボックス万能説」を揺るがす3つの課題、その解決策とは?「サンドボックス」にまつわる疑問を解く【最終回】(1/3 ページ)

今までのサンドボックス製品が抱えていた課題は、製品の進化や他製品との連係によって解消が進む可能性がある。具体的な解決策を見ていこう。

[太田浩二,トレンドマイクロ]

 連載第3回「ウイルス対策の“魔法のつえ”ではない? 『サンドボックス安全神話』を検証する」では、サンドボックス製品の中でも一般的な仮想環境型の主要な課題として、以下の3点を紹介しました。

  1. サンドボックスの仮想環境自体が持つ課題
  2. 不正プログラム(以下、マルウェア)実行時のネットワーク接続における課題
  3. 巧妙化したマルウェアに向けた課題

 最終回となる今回は、これらの課題に対する具体的な解決策について解説します。

「サンドボックスの仮想環境自体が持つ課題」の対策

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。