2016年07月08日 07時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」のUIコントロール、管理者ならここまでできる従業員による変更の制御も可能

「Windows 10」のコントロールパネル、共有フォルダ、スタートメニューなどの要素は、グループポリシー設定を変更して制御することができる。

[Brien Posey,TechTarget]
ローカルグループポリシーエディター《クリックで拡大》

 IT管理者は、グループポリシー設定を使って「Windows 10」のユーザーインタフェースを細かく制御できる。

 管理者は、グループポリシー設定を使ってユーザーインタフェース要素の有効と無効を個別に制御できる。これらの要素のオンオフを指定する他に、ユーザーによる特定要素の操作を制限することもできる。例えば、ユーザーがネットワーク接続の有効化、無効化、名前変更などをすることができないように、グループポリシーで指定することが可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

イー・エージェンシーのCDP「D-Lenz」はSaaSとスクラッチ開発の良いとこ取り
顧客データや問い合わせデータのさまざまなマーケティングデータを統合し、顧客の分析や...