2016年07月08日 07時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」のUIコントロール、管理者ならここまでできる従業員による変更の制御も可能

「Windows 10」のコントロールパネル、共有フォルダ、スタートメニューなどの要素は、グループポリシー設定を変更して制御することができる。

[Brien Posey,TechTarget]
ローカルグループポリシーエディター《クリックで拡大》

 IT管理者は、グループポリシー設定を使って「Windows 10」のユーザーインタフェースを細かく制御できる。

 管理者は、グループポリシー設定を使ってユーザーインタフェース要素の有効と無効を個別に制御できる。これらの要素のオンオフを指定する他に、ユーザーによる特定要素の操作を制限することもできる。例えば、ユーザーがネットワーク接続の有効化、無効化、名前変更などをすることができないように、グループポリシーで指定することが可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...