2016年07月21日 12時00分 UPDATE
特集/連載

性急な法制化の前にまず、するべきことがあるサイバー攻撃実行者の特定はなぜ重要か? Microsoftが独立機関の設立を提唱

Microsoftはグローバルなサイバーセキュリティの基準の開発の支援に向け、サイバー攻撃の犯人を特定するサイバーアトリビューションの強化を呼びかけている。

[Peter Loshin,TechTarget]

 政府機関およびグローバルな情報通信技術業界向けに「サイバーセキュリティ基準」を作成する作業を進めているMicrosoftは、サイバーアトリビューション(訳注:「サイバーアトリビューション」とは、サイバー攻撃の実行者を特定すること)の問題に取り組む官民合同フォーラムならびにサイバー攻撃を調査する独立機関の設立を呼びかけている。 Microsoftは、「決意から実行へ:サイバーセキュリティ基準を推進する」と題した論文の中で「国際法にはサイバー空間にそぐわない部分もある。また、広く受け入れられるサイバーセキュリティ基準を開発する前に新たな法律を性急に作成、適用するのは危険だ」と指摘した。

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

急成長のチャットbot市場、2018年度の売上金額は前年度比倍増――ITR調べ
日本国内のベンダー29社への調査を基にしたチャットbot市場の実績と予測です。

news023.jpg

日本におけるカスタマーサクセスは「夜明け前」 これから乗り越えるべき3つの壁とは?
日本におけるカスタマーサクセス推進の鍵は「期待値コントロール」と「日本人の特性を踏...

news124.jpg

消費者が秋らしさを感じるもの 「さんま」以外に何がある?――クロス・マーケティング調べ
クロス・マーケティングは、全国の20〜69歳の男女1000人を対象に「秋の味覚に関する調査...