2016年07月21日 12時00分 公開
特集/連載

サイバー攻撃実行者の特定はなぜ重要か? Microsoftが独立機関の設立を提唱性急な法制化の前にまず、するべきことがある

Microsoftはグローバルなサイバーセキュリティの基準の開発の支援に向け、サイバー攻撃の犯人を特定するサイバーアトリビューションの強化を呼びかけている。

[Peter Loshin,TechTarget]

 政府機関およびグローバルな情報通信技術業界向けに「サイバーセキュリティ基準」を作成する作業を進めているMicrosoftは、サイバーアトリビューション(訳注:「サイバーアトリビューション」とは、サイバー攻撃の実行者を特定すること)の問題に取り組む官民合同フォーラムならびにサイバー攻撃を調査する独立機関の設立を呼びかけている。 Microsoftは、「決意から実行へ:サイバーセキュリティ基準を推進する」と題した論文の中で「国際法にはサイバー空間にそぐわない部分もある。また、広く受け入れられるサイバーセキュリティ基準を開発する前に新たな法律を性急に作成、適用するのは危険だ」と指摘した。

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

コロナ禍のマーケティング活動 今後注力する取り組みの最多は「SNS活用/SNS広告」――AMN調査
新型コロナウイルス感染拡大がマーケティング活動へ及ぼした影響について、約160社に調査...

news057.jpg

パナソニックが実践するCDP活用 コモディティ化した家電を「買ってもらうための訴求」とは
CDP(Customer Data Platform)を活用した広告運用、Webサイト最適化、そして顧客理解の...

news089.jpg

マーケティング担当者に聞いた動画活用に関する意識調査――GMOプレイアドとGMOリサーチ
動画広告への期待度と課題について、企業のマーケティング担当者に聞いています。【訂正】