2016年07月06日 07時00分 UPDATE
特集/連載

「AppLocker」の使い方Windowsで“使われるとまずいアプリ”を起動禁止にするには?

WindowsのAppLockerでは、発行元やパスなどの属性に基づいて、アプリケーションの実行を拒否するルールを適用できる。だがAppLockerは、包括的なアプリケーション制御ツールではない。

[Brien Posey,TechTarget]
AppLocker AppLockerはアプリケーション管理の手段として有用なのか《クリックで拡大》

 Windowsの法人向けエディションで利用可能な「AppLocker」という機能は、どのアプリケーションの実行を許可するかを制御できる。ディレクトリサービス「Active Directory」に備わる、コンピュータやユーザーの設定を一元管理する「グループポリシー」の集合体だ。

 「Windows 7」「Windows Server 2008 R2」で初めて搭載されたAppLockerは、Windowsの使い勝手の悪い「ソフトウェアの制限のポリシー」に代わる機能として開発された。ソフトウェアの制限のポリシーはまだ存在しており、「Windows 10」にもある。

AppLockerの使い方

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...