はじめての「セキュリティ机上演習」、人と組織のリスクを無くすには?全社に潜む隠れた問題点をあぶり出す(1/2 ページ)

定期的に机上演習を行えば、自社に即したインシデントシナリオに沿ってセキュリティリスクを特定するのに役立つ。その手順や進め方を紹介する。

2016年07月22日 12時00分 公開
[Robert WoodTechTarget]
画像 2016年6月には大手旅行会社JTBで700万人分の個人情報流出が発覚。セキュリティインシデントは後を絶たない。画像は同社がWebサイトで公開した謝罪文《クリックで拡大》

 セキュリティは変化の速い業界であり、担当役員としてそれについていくのは永遠の課題だ。新たな攻撃の発生が次々と報じられる中、さまざまな管理やセキュリティ対策の優先順位を決めるのは難しい。未知のリスクを特定し、洗い出す方法を見いだすことも含めて、未知のリスクへの対応にも優先的に取り組まなければならないのだから、その難しさはなおさらだ。

侵入テストの限界を超えて

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...