2016年07月28日 15時00分 公開
特集/連載

悪の“バグ報奨金プログラム”ともいえる「サイバー恐喝」の恐怖とは脆弱性情報と引き換えに身代金を求める(2/2 ページ)

[Peter Loshin,TechTarget]
前のページへ 1|2       

この攻撃は本当に新しいのか

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...