2016年08月01日 15時00分 公開
特集/連載

ビッグデータ分析の隠れた本命、「深層学習」の底力とは?非構造化データの分析に

複雑な解析問題を扱うために設計されている深層学習ソフトウェアは非構造化データを扱うときに最も効力を発揮する。

[Ed Burns,TechTarget]

関連キーワード

Google | ビッグデータ | 機械学習


Googleが開発した「TensorFlow」(出典:Google「Open Source Blog」)《クリックで拡大》

 深層学習(ディープラーニング)は、高度な分析において今最も注目を集めているトピックとはいえないかもしれない。しかし、人工知能と機械学習はより広い領域において、分析ソフトウェアベンダーとユーザー両方から多くの注目を集めている。そして、深層学習アプリケーションは多くの企業のビッグデータ分析ツールキットの重要な構成要素になる可能性を秘めている。

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。