2016年08月01日 15時00分 UPDATE
特集/連載

非構造化データの分析にビッグデータ分析の隠れた本命、「深層学習」の底力とは?

複雑な解析問題を扱うために設計されている深層学習ソフトウェアは非構造化データを扱うときに最も効力を発揮する。

[Ed Burns,TechTarget]

関連キーワード

Google | ビッグデータ | 機械学習


Googleが開発した「TensorFlow」(出典:Google「Open Source Blog」)《クリックで拡大》

 深層学習(ディープラーニング)は、高度な分析において今最も注目を集めているトピックとはいえないかもしれない。しかし、人工知能と機械学習はより広い領域において、分析ソフトウェアベンダーとユーザー両方から多くの注目を集めている。そして、深層学習アプリケーションは多くの企業のビッグデータ分析ツールキットの重要な構成要素になる可能性を秘めている。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...