2016年10月22日 07時00分 公開
特集/連載

徹底レビュー:1万円以下「Amazon Fire HD 8」はプライム会員以外には“微妙”?コストパフォーマンスは文句なし(1/2 ページ)

Amazonの「Fire HD 8」は電子書籍や動画の視聴にぴったりのタブレットだ。Amazonプライム会員には魅力的だが、Amazonをひいきにしていないユーザーにとっては、どうだろうか。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

Amazon | OS | Android | スマートデバイス | タブレット


Fire HD 8 Fire HD 8《クリックで拡大》

 100ドル以下のタブレットは、がらくたに毛が生えた程度のものであることが多い。しかし、Amazonは2015年に申し分ない品質の「Fire」タブレットを50ドルで発売し、その固定観念を打ち破った。2016年9月に登場した新しいFire HD 8の価格はそれより少し高い89.99ドル(注1)だが、それでも安いといえよう。しかも、2015年モデルよりも大きなディスプレイを搭載している。

注1:日本価格(税込み)は16GBが1万2980円、32GBが1万5980円。Amazonプライム会員限定クーポンを利用すると4000円引きになる。

構造とデザイン

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

「エシカル」に積極的な企業は「良い印象」が9割以上――トレンダーズ調査
今後ますます注目が集まると考えられる「エシカル消費」。年代や性別ごとの意識の違いや...

news157.jpg

国内コネクテッドテレビ広告市場、2020年は102億円規模に――SMNとデジタルインファクト調査
テレビ同様の視聴体験を提供しつつインターネット広告同様に計測可能な国内コネクテッド...

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...