2016年10月22日 07時00分 公開
特集/連載

徹底レビュー:1万円以下「Amazon Fire HD 8」はプライム会員以外には“微妙”?コストパフォーマンスは文句なし(1/2 ページ)

Amazonの「Fire HD 8」は電子書籍や動画の視聴にぴったりのタブレットだ。Amazonプライム会員には魅力的だが、Amazonをひいきにしていないユーザーにとっては、どうだろうか。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

Amazon | OS | Android | スマートデバイス | タブレット


Fire HD 8 Fire HD 8《クリックで拡大》

 100ドル以下のタブレットは、がらくたに毛が生えた程度のものであることが多い。しかし、Amazonは2015年に申し分ない品質の「Fire」タブレットを50ドルで発売し、その固定観念を打ち破った。2016年9月に登場した新しいFire HD 8の価格はそれより少し高い89.99ドル(注1)だが、それでも安いといえよう。しかも、2015年モデルよりも大きなディスプレイを搭載している。

注1:日本価格(税込み)は16GBが1万2980円、32GBが1万5980円。Amazonプライム会員限定クーポンを利用すると4000円引きになる。

構造とデザイン

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...

news032.jpg

Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告...