2017年01月11日 12時00分 UPDATE
特集/連載

コストを掛けずにトラブルに強いシステムを構築する新しいハードウェアいらずのITシステム“回復力”増進法

新しいアプリケーションアーキテクチャ、スナップショット、コンテナ化といったテクノロジーによって、サーバの台数を変えずに復旧しやすいITシステムを実現できる。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
障害を完全に防ぐことは不可能に近い。重要なのはいかにして速く復旧できるシステムの「回復力」だ

 障害が発生したITシステムをいかにして早く復旧させるかの問題(この記事では、この“復旧のしやすさ”を「回復力」と呼ぶことにする)は、大企業のエンタープライズアプリケーションだけの懸念事項ではない。オンライン店舗、モバイルユーザー、各種タスク向けのソフトウェアを開発および展開している企業でも、ワークロードの回復力に対する関心は高まっている。

 従来のハードウェアベースのクラスタは、今でもデータセンターで運用している重要なアプリケーションの回復力を確保する有力な選択肢となっている。ただし、これから紹介する5つの選択肢では、ハードウェアに大きな投資をせずともアプリケーションの回復力を高めることができる。

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...