「Apple Watch」だけではない 企業が注目すべきウェアラブル活用とは増える利用シーン

企業におけるウェアラブルテクノロジーは大きな可能性を秘めている。健康状況を正確に追跡することが可能で、3Dグラフィックスも普及が進んでいる。ウェアラブルテクノロジーは企業を支配することになるのだろうか。

2017年01月29日 08時00分 公開
[Kelly M. StewartTechTarget]

関連キーワード

Oculus Rift | ウェアラブル


Oculus Rift《クリックで拡大》

 ウェアラブルテクノロジーには長所と短所の両方がある。だが、これからの未来はウェアラブルテクノロジーのものだという主張がなされている。

 1999年に公開されたWarner Brosの映画「マトリックス」の中では、一般人が仮想現実に文字通り接続された。そして2017年現在、Oculusの「Oculus Rift」やGoogleの「Google Daydream View」など、スマートゴーグルを介して仮想現実にくぎ付けになっている人の姿は珍しくなくなっている。ウェアラブルテクノロジーの流行は企業でも拡大している。

 ウェアラブルデバイスはさまざまな業種の企業に多くの可能性をもたらしている。ハンズフリー設計の手軽さにより、テクノロジーとユーザーの日常生活をシームレスに融合することが可能になっている。ウェアラブルテクノロジーの種類は増え続けている。そのため、IT部門では実装、法令、個人データの制限に関わる問題について最優先で検討しなければならない。

2017年の時点で利用できるウェアラブルテクノロジー

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

Cookie廃止で広告主とデータプロバイダ、媒体社にこれから起きることとその対策
連載の最後に、サードパーティーCookie廃止が広告主と媒体社それぞれに与える影響と今後...

news100.jpg

メタバース生活者定点調査2023 メタバース利用経験は横ばいでも認知は向上
博報堂DYホールディングスによる「メタバース生活者定点調査2023」の結果です。メタバー...

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...