2017年02月14日 08時00分 公開
特集/連載

「iPad mini」1万5000台を客室乗務員に配布、航空会社は大規模導入をどう実現したか「Apple Storeでは不可能だった」と担当者(1/2 ページ)

米国内の10拠点で働く客室乗務員に「iPad mini」を配備したSouthwest Airlines。1万5000台という大量のiPad miniをどのように導入したのか。

[Colin SteeleTechTarget]

関連キーワード

iPad | Apple | iPad mini | タブレット


画像 航空会社の間で広がるタブレット活用

 米国の客室乗務員(以下、CA)は、応急処置の要点や最新の安全要綱などの重要な情報が記載されたフライトマニュアルを携帯する必要がある。その内容は定期的に変更されるものの、紙媒体のマニュアルでは改訂や更新が容易でない。

 格安航空会社(LCC)大手のSouthwest Airlines(サウスウエスト航空)の戦略的運航計画部門でシニアマネジャーを務めるロン・フリーア氏は、「マニュアルは隔週で変更していた。これは面倒で、決してスマートとはいえない作業だった」と振り返る。

「iPad mini」でマニュアルをデジタル化

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news180.jpg

電通「2023年 日本の広告費」 総広告費、インターネット広告費は2年連続で過去最高に
電通が「2023年 日本の広告費」を発表しました。主なトピックスを抜粋して紹介します。

news041.jpg

2024年の広告業界大予測(無料eBook)
Forrester Researchは2024年を「大手メディアが活気を取り戻す瞬間」としています。マー...

news196.jpg

アニメ世界の「ワクドナルド」が公式に McDonald'sが日本人アーティストのAcky Bright氏と始めたこと
McDonald'sがアニメやマンガでよく描かれる「WcDonald's(ワクドナルド)」をオマージュ...