2017年04月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

共生のためのベストアンサーは?「Slack」はオフィス電話を終わらせるか――次世代コラボツールの影響を見る

ビジネスメッセージングでは、従来の電話中心のリアルタイムコミュニケーションに対抗するアプローチが台頭している。Webベースメッセージングが新たなコラボレーション方法を提供する。

[Jon Arnold,TechTarget]
Slackの公式Webページ《クリックで拡大》

 コラボレーション分野は常に流動的なようだ。ユニファイドコミュニケーション(UC)が統合型コラボレーションサービスの最初の基準を打ち立てた。UCはテレフォニーが中心なので、リアルタイムコミュニケーションに重点が置かれていた。だが最近では、この基準は変わってきている。「Slack」「HipChat」「Bitrix24」「Redbooth」など、さまざまなメッセージングプラットフォームが登場してきたからだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...