2017年04月27日 08時00分 公開
特集/連載

「Slack」はオフィス電話を終わらせるか――次世代コラボツールの影響を見る共生のためのベストアンサーは?

ビジネスメッセージングでは、従来の電話中心のリアルタイムコミュニケーションに対抗するアプローチが台頭している。Webベースメッセージングが新たなコラボレーション方法を提供する。

[Jon Arnold,TechTarget]
Slackの公式Webページ《クリックで拡大》

 コラボレーション分野は常に流動的なようだ。ユニファイドコミュニケーション(UC)が統合型コラボレーションサービスの最初の基準を打ち立てた。UCはテレフォニーが中心なので、リアルタイムコミュニケーションに重点が置かれていた。だが最近では、この基準は変わってきている。「Slack」「HipChat」「Bitrix24」「Redbooth」など、さまざまなメッセージングプラットフォームが登場してきたからだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には、「プロダクト主導型」という組織としての共通点がある。それ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...