2017年07月27日 05時00分 公開
特集/連載

2017年上半期のIoT関連M&A、ソフトバンクによるARM買収に迫る案件は皆無前年同期と比べて大きくトーンダウン

2017年上半期のIoT関連企業の合併・買収(M&A)活動は、過去最高額を記録した前年同期と比べて大きく減少した。それでもGE DigitalやNokiaなど注目の買収が幾つかあった。M&Aの傾向から分かることとは?

[James Turino,TechTarget]

関連キーワード

IoT(Internet of Things) | 経営


 2017年上半期のIoT関連企業の合併・買収(M&A)活動は、過去最高額を記録した前年同期と比べて大きく減少した(グラフ参照)。

 2017年上半期のM&A件数は45件で、前年同期の57件と比べて21%減少した。それでも2010年から2014年の各年の年間件数を既に上回っており、年間としては2015年の70件を超えそうだ。

 2017年上半期のM&A公表総額は23億ドルで、前年同期の140億ドルを大きく下回った。2016年にはソフトバンクがARMを314億ドルで買収するなど、10億ドル超の大型M&Aが5件もあったが、2017年はこれまでのところ、10億ドル超の案件はない。こうした大型M&Aを除いた2016年上半期の総額は25億ドルとなり、2017年上半期の23億ドルとあまり差はない。

高額案件上位にGEやNokiaの名も

 2017年上半期の高額案件としては、GE Digitalがクラウドベースのフィールドサービスマネージメント支援事業を行うServiceMaxを9億1500万ドルで買収し、また、Nokiaがデータファブリックと先進的IoTアナリティクスの企業Comptelを3億7300万ドルで買収した。

 前年のIoT関連企業M&Aではテレマティクス関連事業がほぼ半数(119件中約60件)を占め、ハードウェアとデバイス関連がそれに続いたが、2017年はNokiaによるComptel買収のように、IoTアナリティクス(IoT向けビッグデータ)やセキュリティ、スマートオフィス、スマート住宅への関心が高まっている。

 他に以下の特徴が見られた。

  • 2017年上半期の被買収企業のうち、米国を拠点とする企業が買収金額上位10社中7社を占めた。
  • 2017年上半期の被買収企業のうち、アジアを拠点とする企業は全体の21%だった。
  • 2017年上半期の取引金額中央値は7300万ドルで、前年同期の1億ドルより低い。
  • 現時点で最終段階にある案件は20件に上る。
図1 図1《クリックで拡大》

プライベートプレースメント(私募資金調達)

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...