2017年07月05日 05時00分 公開
特集/連載

小売業界にIoTがあれば、何が分かるようになる?プライバシーとのバランスも必要だが……

物理的な店舗におけるモノのインターネット(IoT)の活用に注目が集まっており、ネットワークにつながる商品も増えつつある。小売業界のIoT活用はどのような方向性に進むのだろうか。

[Guy Courtin,TechTarget]

 探そうと思えば解決したい問題はいくらでもある。だが、モノのインターネット(IoT)の用途となると、製造や物流、倉庫管理といった分野ではかなりの数の活用法が既に出尽くしている。アセット追跡や予知保全、製造工程の改善から新しいビジネスモデルまで、これらの分野ではIoTの導入が既に成果を上げている。これに対し、消費者サイドや小売業のIoT活用はどうなっていくのだろうか。

 小売業はIoTの進化に出遅れた感があるが、いつまでも傍観している手はない。長期的に見れば、IoT技術は小売企業とサプライチェーンに大きな利益をもたらすはずだ。小売業の店内と商品にどのようなIoT活用法があるか検討してみよう。

店内

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...