2017年07月05日 05時00分 UPDATE
特集/連載

プライバシーとのバランスも必要だが……小売業界にIoTがあれば、何が分かるようになる?

物理的な店舗におけるモノのインターネット(IoT)の活用に注目が集まっており、ネットワークにつながる商品も増えつつある。小売業界のIoT活用はどのような方向性に進むのだろうか。

[Guy Courtin,TechTarget]

 探そうと思えば解決したい問題はいくらでもある。だが、モノのインターネット(IoT)の用途となると、製造や物流、倉庫管理といった分野ではかなりの数の活用法が既に出尽くしている。アセット追跡や予知保全、製造工程の改善から新しいビジネスモデルまで、これらの分野ではIoTの導入が既に成果を上げている。これに対し、消費者サイドや小売業のIoT活用はどうなっていくのだろうか。

 小売業はIoTの進化に出遅れた感があるが、いつまでも傍観している手はない。長期的に見れば、IoT技術は小売企業とサプライチェーンに大きな利益をもたらすはずだ。小売業の店内と商品にどのようなIoT活用法があるか検討してみよう。

店内

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...