2018年01月26日 05時00分 公開
特集/連載

単一製品ではなく製品群としての特徴を把握徹底比較:11社の中で「最も自社に合う」EMM製品ベンダーはどこだ? (3/4)

[Matthew David,TechTarget]

Microsoft

 Microsoftは現在、ソフトウェアに関するスローガンとして、「モバイルファースト、クラウドファースト」を掲げている。このスローガンは、Windows PC、MacOS、Androidデバイスからアクセスできるツールスイート「Office 365」にも当てはまる。デバイス管理もセキュリティも、Microsoftにとって新しい分野ではない。同社の現在のデバイス管理ツールスイートは、「Microsoft Enterprise Mobility Suite」だ。このスイートは、ID管理機能を持つ「Azure Active Directory Premium」、攻撃を検知・分析する「Advanced Threat Analytics」、機密データ機能を持つ「Azure Rights Management」と「Microsoft Intune」で構成されている。Intuneは、MDM、MAM、構成管理機能を提供するコアツール群を単体で備えており、Office 365のモバイルアプリ管理に特に重点が置かれている。

ITmedia マーケティング新着記事

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...

news047.jpg

ハロウィーンの参加率が2年連続の低下――LINE調査
LINEリサーチによる「ハロウィーンに関する定点調査」の2019年版の結果が出ました。